神社巡りのススメ > 神社 > 美喜井稲荷神社(みきいいなりじんじゃ) 東京都港区

美喜井稲荷神社(みきいいなりじんじゃ) 東京都港区

投稿者:吉祥さん

東京へお越しと聞いて急いで投稿しました!!

赤坂見付の駅から豊川稲荷方面へ坂を上ると右側に羊羹で有名な虎屋の本店があります。虎屋のすぐ脇の路地を入るとビルの中二階に秘密基地みたいな神社があります。

美喜井稲荷神社(みきいいなりじんじゃ)です。

美喜井稲荷神社(みきいいなりじんじゃ)

御由緒は以下の通りです。

美喜井稲荷のご守護神は京都の比叡山から御降りになりました霊の高い神さまです。この神さまにお願いする方は蛸を召し上がらぬこと。この神さまを信仰される方はなにも心配いりません

「京都の」比叡山というと延暦寺のことではないようです。延暦寺の所在地は滋賀県になってしまうからです。(あるいは関東の人が書いたので滋賀県も京都府も「京都」という大雑把な判断かも?)

比叡山・延暦寺の山内にはそれらしき神社(または祠)は存在しません。京都~比叡周辺を参拝する時にはこの件をタクシーの運転手さんにリサーチしていますが今だに手がかりなし・・・。

え??何を調べているか?ですか?

「蛸を召し上がらぬこと」の一文からも推察できると思いますがこのお稲荷さんメチャメチャ変わっています。

狐の代わりにお祀りされているのは猫((=゚Д゚=)・・・
私は勝手に「猫稲荷」と呼んでいます。

美喜井稲荷神社 猫稲荷

ちょっと空を見ているようなその表情のかわいらしいこと・~ヾ(゚ー^*)
猫好きの私はノックアウト!!

本殿の欄間にも色鮮やかな小鳥と遊ぶ猫そして魂を食べる猫が・・・。
だ・・・誰の魂を食べてるんでしょうか?猫の足元には真っ赤な塊が・・・。

美喜井稲荷神社 欄間

よく見ると人間に見えます。ちょっと怖い~ヘ(゚д゚ヘ))))))~

もともと古い神社がここにあって「猫占い」で有名だったそうです。
よく当たり商売繁盛のご利益があると評判だったとか…。

今は無住のため御祭神その他は全くわかりませんがこの秘密基地のような空間が私は大好きで赤坂方面で仕事があるとせっせと通っています。

たまたま若い女の子を連れて行ったら「きゃ~~~~~~かわいい~~~~!!」と抱きついて喜んでくれました。(結果には個人差があります(^_^;)

由来についてはいろいろ調べて推察してみました。(裏づけは取れていないので推理の域を出ません。情報のある方教えてください。)

平安末期・比叡山を舞台にした「頼豪鼠(らいごうねずみ)」という怨霊譚があります。

実相院の僧・頼豪(らいごう)はその修法の霊験があらたかなことで知られる天台宗・寺門派の僧侶でした。白河天皇の勅命で皇子誕生を祈祷し、効験(修法の効果)があれば褒美を与えるという約束を取りつけます。その結果みごとに敦文親王が誕生。頼豪は園城寺(三井寺)の戒壇創設を天皇に請います。

「戒壇」というのは僧侶が受戒する施設の事で受戒しなければ正式な僧侶として認められませんでした。

平安時代には奈良の東大寺・筑紫観世音寺・下野国の薬師寺の三官寺と延暦寺にしかなかった施設です。当時の天台宗は比叡山を本拠地とする山門派と山を降り三井寺に入った寺門派とが激しく対立していました。延暦寺で行われている受戒の儀式をどうしても三井寺でも行いたかったのでしょう。

しかし当時、対立していた延暦寺(天台宗山門派)の強い反対によりその請願は却下され、怒った頼豪は100日間の断食の末に悪鬼のような姿に成り果てて憤死。石の体と鉄の牙を持つ大鼠に化生(けしょう)したといいます。

この頼豪が化生した鼠が頼豪鼠または鉄鼠(てっそ)と呼ばれ、生前の恨みを晴らすため8万4千匹もの鼠の大群を率いて比叡山を駆け登り、延暦寺の仏像や経典を食い破ったとされています。頼豪の怨念に恐れをなした延暦寺は東坂本に「鼠の秀倉」という社を築いて頼豪の怨念を鎮めました。また敦文親王は頼豪の祟りによって四歳で亡くなったそうです。

園城寺には鉄鼠たちの霊を祀った「ねずみの宮」と呼ばれる祠があり、比叡山の方を向けて建てられています。

一説には鉄鼠は比叡山で高僧の法力で現れた大猫に退治されたともいい、この時の犬猫を祀った「猫の宮」が、延暦寺の門前町として知られる滋賀県の坂本に園城寺の方を睨みつけるように建てられているそうです。

少し長くなりましたが、おそらく美喜井稲荷さんはこの「猫の宮」から勧請されたのではないでしょうか?なぜ「美喜井(みきい)稲荷」さんなのかはよくわかりません。

・・・もしかしたら「三井寺」の「三井」の文字の間に「喜」の一文字入れることで名前がつながらないという呪詛になっている????(「国家安泰 君臣豊楽」のお話しは有名ですよね。)これもよくわかりません。

次回、比叡山に参拝したときに調べてこようと思っています。

近くには豊川稲荷・東京別院があります。こちらは曹洞宗のお寺さんです。豊川ダ枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)を祀り(曹洞宗なのに・・・)「商売繁盛」のご利益で知られています。敷地内には霊孤塚・大岡越前のお墓などがあります。境内の裏手にあるおみやげ物屋さんで卵やお酒・油揚げなどのお供えを買うことができます。火打石でお清めもしてくれるのでなんだかうれしいです。

虎屋・本店地下には虎屋菓寮という喫茶店があります。

お汁粉・抹茶グラッセ(甘い抹茶)などがお勧めです。男性には少ないかもしれませんがお赤飯は絶品です。ラストオーダーは17:00とちょっと早めです。

お土産には虎屋の羊羹をぜひ!!お茶に合いますよ。

住所:東京都港区赤坂4-9-19


大きな地図で見る

アクセス:
東京メトロ丸の内線・銀座線の赤坂見附駅から徒歩8分
羊羹で有名な虎屋のすぐ脇の路地へ

サイトリンク:建築日誌142 美喜井稲荷

ランキング上昇中!下のボタンをぽちぽちっ!とご協力下さい。
人気ブログランキング にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

コメント:3

kamuikunn 09-06-10 (水) 12:15

母の実家が直ぐ傍で、ビルになる前の神社の頃から知っています。
当時は高い塀と木々(ケヤキ、マツ、ヤツデなんかのありふれた)の所為でいつも暗縲懊€怩「境内のなか、透かしてみるとそこかしこに猫がじっとしているところで、子供の頃は何か怖くて苦手なところでした(まぁ、探検もよくしましたが)。
母に聞いた話では、
「初代の人が猫好きで野良猫などにもやさしくしてやっていたが、ある日家が火事に合った。しかし猫が引っ掻いてくれたために速く気付き無事に逃げ仰せることができた。ところが助けてくれた猫は焼け死んでしまった。そこで神様としてお祭りした。」だったと思います。
京都の比叡山云々は稲荷として神社の形式を整えたときに後から付けられたものだったような気がします。
何せ子供の頃の話で「~思います。」とか「~気がします。」ばかりですみません。

吉祥 09-06-11 (木) 12:40

 Kamuikunnさま

 貴重なお話ありがとうございます。

 昔はお社があったのですね。

 猫を祀っている理由もよくわかりました。

長年の謎が解てすっきりしました。

本当にありがとうございました。

エルスール 14-04-15 (火) 12:38

先日、昔飼っていた猫のことをふと思い出し、美喜井稲荷を検索したところ、偶然こちらのブログを拝見したので、コメントさせていただきました。先のコメントの方のお話ともだいぶ重なりますが、ご参考までに。
42~43年前のことですが、私が小学生の時、家で飼ってた猫が死に、悲しくてたまらず、折しも雑誌「キャットライフ」創刊第2号にちょうど紹介されていた美喜井稲荷へ供養に行きたくて、母に泣いて頼んで連れて行ってもらったことがあります。
その雑誌によると、当時そこに住んでおられた女性の家が火事になり、飼っていた猫の美喜井ちゃんが知らせてくれて助かった。
その美喜井ちゃんが死んだ後、家のお手伝いさんが毎晩猫(の夢?)にうなされるので、「もしや美喜井ちゃんでは」と思ったお手伝いさんが美喜井ちゃんに祈ったところピタリとやんだ。
ある高僧の話などから、美喜井ちゃんは実は比叡山から降りてきた位の高い神様とわかったのでお祭りした…とのことでした。
「お手伝いさんがうなされる件」と「お祭りした件」と、どちらが先だったかはよく覚えていません。
その雑誌には、ご近所のおばあちゃまたちが集まってお祈りをしたり、供養をしたりする写真も掲載されていました。
私が昔訪れた時は、古いお宅の庭の一角を板壁で区切りお稲荷さんを設置している感じだったので、もう無くなっているのではないかと思っていました。そのお宅がビルとなり、神社もりっぱになった写真を拝見して、とても驚きました。過ぎた年月を思うと感慨深いです。
今は東京を離れており、なかなか行けませんが、機会があったら、また訪ねてみたいです。貴重な情報や写真を拝見させていただき、ありがとうございました。

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://jinjya.uranaido.net/2008/10/22/post_43.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
美喜井稲荷神社(みきいいなりじんじゃ) 東京都港区 from 神社巡りのススメ|神社と神様

神社巡りのススメ > 神社 > 美喜井稲荷神社(みきいいなりじんじゃ) 東京都港区

あわせて読みたい
あわせて読みたい
検索
RSS
Meta
リンク
福岡の霊能者のつぶやき

このページのトップへ